-

クルマを売るとき、そして自動車の下取りのさいも印鑑証明がなければなりません。それではこの印鑑証明に関して説明していきます。印鑑証明とは、その印鑑が実印で間違いないということを実証する目的を持つ正式な書類です。この書類がない場合にはその印鑑が実印として効力を持つことが実証できません。決して小さくない商談になる中古車の売買ですから必然的に実印が必要ですが、その時に印鑑証明が登場します。印鑑証明書を発行するには発行前に印鑑証明しなければなりません。書類に登録する印は正式には実印といい、同じものが二つとないはんこであることが必須です。この実印を準備して近所の市役所などの案内係へいけば、印鑑登録できます。印鑑登録の手続きが完了すると、印鑑登録カードなるものが発行され登録が完了した印は実印として認められたということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうには、市町村役場で専用の書類に必要項目を書いて、印鑑登録カードを持参するだけでできます。他にも自動交付機を使って発行する事が可能です。印鑑証明には有効期限はありません。なので、どんなに前の印鑑証明であろうがその効力はあるのです。ただ車買取時には、印鑑証明は3ヶ月以内に発行されたものが有効とされています。基本的には有効期限を気にする必要はありませんが自動車買取の際は買い取り先が必須となる有効期限を設定していますので、中古車売却を予定しているのならば、最初に手元に置いておくことが望ましいです。