-

自賠責保険という保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険という保険で通称自賠責保険と言うものです。保険は通称、強制保険と言われ、車を車検に出す際は、その車検期間に効力のある自賠責保険に入っている必要があります。つまり、全ての車に加入義務のある保険です。ではクルマが自賠責保険に加入したまま売却したケースではどうでしょうか。強制保険は車検時に更新をするケースが多くあるものですが、仮に強制保険(自賠責保険)に加入したクルマを売った場合はお金が返ってくるという事例はなかなかありません。というのは、自賠責保険の加入を一度なくして次の所有者に入れ替えることは結構手間がかかるのです。ですから自動車損害賠償責任保険というものは、名義を変えて車とともに譲ることが一般的です。それと同じだけの価格を代金に乗せてくれます。強制保険(自賠責保険)は自動車税と違って、既に納めた金額を月々で割り算した額が戻ってくるわけではなく買取額に乗っけるといった手法を使うことが一般的ではありますがこのことが買取査定に掲載されるようなことはほぼありません。なので買取時は自動車損害賠償責任保険の額が買取金額に反映されているかを注意したほうがいいでしょう。自分が納付した保険料がどれだけかだけでも知っておけば、見逃すことはないはずです。それぞれの自賠責保険の加入額は、契約期間により違うため確認が必要です。車の処分や廃車の時には自賠責保険の名義を書き換えしましょう。仮にこの作業をしていなければ、保険会社から保険の満期の知らせが届いてしまいます。あなたが手放すか悩んでいるマイカーがほんの少しでも高く査定されることを応援してます。